双子の離乳食スタート|用意した物と楽しく進める方法

双子のお世話
Pocket

我が家は双子が生後6か月になったと同時に離乳食をスタートしました。

今思い返すと、毎日試行錯誤の連続で、常に離乳食のことを考えていた時期で、貴重な時間を過ごしていたなと思います。

その時は必死だったのですが(笑)

この記事では、離乳食をスタートしたとき、私がどのように調理をして、食べさせていたかを書いていきます。

離乳食をスタートするにあたり用意したもの

私は料理が得意ではないので、世に出ている便利グッズには迷わず頼ろうという気持ちでした。

私が離乳食をスタートするにあたり事前に用意したのは、以下の物です。

  • 離乳食用の調理器具
  • ベビー用のスプーン×2
  • スパウトマグ×2
  • スタイ 数枚
  • バンボ×2

このころは頻繁にアカチャンホンポや100円ショップに通った記憶があります。

ちびこ
ちびこ

100円ショップはベビー用品・子供用品が豊富なので、2歳の今でもおもちゃや文房具を見によく行きます!

離乳食初期に大活躍したリッチェルの調理器具

調理器具はリッチェルのものを購入しました。

今日も双子と一緒です

これは離乳食初期のころに大変役立ちました。

特に使ったのが、右下のすり鉢みたいな器です。

これを使うとお粥がちょうどよい柔らかさにできるのです。

左上の網目状の器は、シラスをつぶすのによく使いました。

2種類試したベビー用スプーン

ベビー用スプーンは2種類購入したのですが、最初に購入したのは、コンビのテテオです。

最初のころは色々手を尽くしてもほとんど食べてくれず、スプーンがダメなのかな?と思うようになり、(※今思えば決してそんなことはないのですが。最初は食べてくれないのが当たり前ですからね。)

そんなときにネットで口コミの良かったピジョンのスプーンに変えてみました。

そうしたところ、少しづつ食べるようになったのです。

あくまでも我が家の双子の場合です。

スパウトマグはピジョンのマグマグ

スパウトマグは我が家の双子は、二人とも難なくクリアしてくれました。

ピジョンのマグは、スパウト部分を後からストローに変えられたり、コップに変えられたりするので、コスパも良く便利です。

離乳食スタート前から双子が愛用していたバンボ

離乳食を始める前から、双子に座らせて遊ばせていたバンボ。

二人ともお気に入りの椅子だったので、最初のころはこれをそのまま使うことにしました。

付属のテーブルを付けて食べさせていました。

今日も双子と一緒です

最初のころはほとんど食べてくれないのですが、ちょっとづつ食べることに慣れてきたころに、ハイチェアに移行しました。

今日も双子と一緒です

野菜はパルシステムのうらごしシリーズで乗り越えました

手作りじゃないんかい!とツッコミが入りそうですが、料理が得意ではないので、BFなども躊躇なく取り入れました。

なかでもパルシステムのうらごしシリーズは秀逸です。

今日も双子と一緒です

レンジでチンするだけでおいしい野菜のうらごしが出来上がるのです。

離乳食初期はほとんど食べてくれないので、たくさん捨てることになります。

これなら捨てるときに「せっかく作ったのに!」と思わないで済みます(笑)

ちびこ
ちびこ

生協なので、買いに行く手間も省けますね。

他には市販のBFなどもよく使っていました。

時にはオーガニックのものも。

ママの負担になりすぎない範囲で楽しく離乳食を始めよう

離乳食初期は悩んだり、素行錯誤したり、ととっても貴重な時期ですが、大変な時期でもあります。

市販品なども上手に使って、ママの無理のない範囲で楽しみたいですね。

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました