双子を連れてワンオペ新幹線移動~2歳5か月編~

双子の移動
Pocket

0歳と1歳に引き続き、2歳編です。

お正月に帰省した時の記録になります。

今回も前回同様に縦型双子用ベビーカー、キンダーワゴンで参戦しました。

今日も双子と一緒です

※上記写真は0歳の時のものです。

双子が2歳ともなると、さすがにベビーカーも重いです。。。

キンダーワゴンの車輪はエアタイヤではないので、重量がダイレクトに押す人の手にかかってきます。

その点でいうと、エアバギーココダブルは、エアタイヤなので2歳の今でも押したときの負担が全くないですね。軽いです。

今日も双子と一緒です

話はそれましたが、帰省する行きの新幹線乗車の流れを書いていきます。

家から新幹線の駅まで

家から新幹線の最寄駅までは夫が同行してくれました。夫にベビーカーを押してもらおうと思っていたのですが、絶賛パパイヤ期の我が家の双子。

結局私が押すことになり、夫は電車に乗るときにベビーカーを持ち上げる係ぐらいしか、今思えば仕事がありませんでした(笑)

自宅の最寄駅から新幹線の最寄駅までは電車で30分です。

特にぐずることもなく、機嫌よく乗車することができました。

新幹線は指定席の一番前

新幹線はあらかじめ一番前の2席並びの席の指定席を予約してありました。

予約はいつもネットのEX予約でしています。

1か月前から予約開始をするので、繁忙期の帰省の時には、1か月前になったらすぐに予約します。

一番前の席は人気なので、すぐに売れてしまうんですよね。

そして今回もキンダーワゴンに双子を乗せた状態のまま、双子を通路側に向けた形で足元にイン。

私は通路側の席に座り、背負っていたリュックは窓側の席に置きました。

まずは腹ごしらえで機嫌を取ります。

持参していた双子の大好物のアンパンマンのスティックパンを与えます。

これで我が家の双子はたいていご機嫌になってくれます(笑)

お腹が満たされたら、次はシールブックの登場です。

今回はシールブックを3種類、合計6冊持参していましたので、1冊飽きてしまっても、次にまた違うシールブックが出てくる、、、と、飽きさせないように工夫しました。

そんなこんなで1時間強、なんとか愚図る事なく、過ごしてくれました。

2歳ともなれば、乗車中、ベビーカーから出たがるかな?と危惧していましたが、そんなこともなく、おおむねご機嫌に過ごしてくれたので、良かったです。

帰省先の新幹線の駅には、父が車で迎えに来てくれていたので、ここで試合は終了です。

移動時の持ち物

帰省先で使う物は事前に宅配便で実家に送ってあったので、移動の時の荷物はリュックサックと、貴重品用の小さいショルダーバックのみでした。

リュックの中には、

  • お茶の入ったストローマグ ×2
  • アンパンマンのスティックパン 1袋
  • ビスケット
  • シールブック3種類 ×2
  • 着替え(薄手でかさばらない物)×2
  • オムツ ×4枚
  • 携帯用おしりふき
  • ウェットティッシュ
  • ハンドタオル

移動時の荷物は、前回に比べてかなり減った気がします。

以前は上記に加えて、おもちゃや絵本も持っていたので、もうひとつトートバックがありました。

少しずつですが楽になっていますね。

次回は帰りの新幹線の記事も書きたいと思います。

帰りはちょっと大変だったんです。。。

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました