双子育児|買わなくて正解だったアイテム5選

育児アイテム
Pocket

双子を妊娠したときから、ネットや本で様々なベビーグッズを調べて、事前に準備をしたり、産まれてから購入したりしました。

双子はほぼ何でも2つ必要で、本当にお金がかかります。

ちびこ
ちびこ

双子が初産だったこともあり、当時は赤ちゃんの物は何でも新品じゃないとイヤ!みたいなこだわりもありました。

でも、すべて新品を完璧にそろえられたら良いですが、育児グッズって、使用期間が短いので、もったいないですよね。

この記事では、私がこれまで双子育児をしてきて、わざわざ新品を購入するまでもなかったなと思ったグッズをご紹介していきます。

①レンタルして正解だった【ベビーベット】

これはそれぞれのご家庭の住宅環境などにもよるかもしれませんが、私の場合を記事にします。

生後3カ月、里帰りから自宅に戻ってきて、ベビーベットを1台レンタルしました。

自宅は和室がなく、リビングで寝かせていたので、ベビーベットが必要でした。

その時に、我が家は双子なので2台必要かどうかもあわせて検討しました。

がしかし、我が家のリビングはそんなに広くない。。。

2台も置きたくない。。。

となり、結果1台に二人を寝かせる事にしました。

今日も双子と一緒です

1台に二人寝かせられる期間って、そんなに長くないよなと思い、初めてレンタルすることを選択しました。

生後6か月ごろになると、1台に二人寝かせると、もうベットはキツキツ。

夜もまとまって寝てくれるようになったことだし。

このタイミングで別室の寝室で大人用ベットを二つ並べて、私含む3人で寝るようになりました。

正味3カ月使ったベビーベット。

処分するのも大変なので、結果、レンタルで正解でした。

②中古で充分だった【A型一人用ベビーカー】

産まれてしばらくは実家で過ごしていたので、双子用のベビーカーは自宅に戻ってから購入するつもりで、最初は一人用ベビーカーを購入しました。

今日も双子と一緒です

購入は新品ではなく、中古を約半額で購入。

ちびこ
ちびこ

双子用ベビーカーは低月齢から使えるものが少ないのと、自宅に戻るのに新幹線移動をするので、そのためにも軽くてコンパクトなベビーカーを購入したかった。

それ以来、一人用ベビーカーは、実家帰省の時の新幹線移動に大活躍しました。

自宅では、戻ってすぐにエアバギーココダブルを購入して使っていたので、あまり出番はなく、玄関の脇にひっそりと佇んでいました。

そして双子が6か月前後にもなると、一人をエルゴに入れての長時間の移動も辛くなってきて、新幹線移動用に縦型ベビーカーのキンダーワゴンを購入しました。

結果、使用頻度や期間を考えると、中古で充分でした。

③買っても2回しか使わなかった【手動の鼻吸い器】

生後6か月を過ぎてくるとママからの免疫も少なくなってきて、風邪をひくようになりますが、鼻水が出るようになってきて購入したのが、ドラッグストアに売っている、自分の口で吸うタイプの鼻吸い器です。

安くて簡単に手に入るので購入したのですが、結局2回しか使いませんでした。

間違えて自分の口の中に赤ちゃんの鼻水が入ってしまって、これは風邪がうつりそうだと思ったのです。

ちびこ
ちびこ

しかも二人分吸うのは、体力が消耗する。

保育園に入れる予定だったので、すぐに電動の鼻水吸引器、メルシーポットを購入しました。

以来、メルシーポット様様です。

④そもそも買わなかった【おしりふきウォーマー】

これはそもそも買わなかったのですが、オムツを替える時はたいてい冬でも暖かい室内で替えることがほとんどなので、少しぐらいおしりふきが冷たくても、無問題ですね。

⑤今でも使っているけどホントは双子には向かない【オムツ用ごみ箱】

我が家は買って今でも使っているのですが、これはゴミ箱で代用できます。

新生児のころは、オムツ替えを頻繁にするので、双子ともなるとオムツのごみの量が半端ないですよね。

週2回ゴミの日がありますが、次のゴミの日まで持ちません。

匂いにすごーく敏感な方でない限り、大きめの蓋付のゴミ箱で充分ではないかと思います。

育児グッズの要不要。双子は特に賢く吟味すべし。

いかがでしたでしょうか?

ネットや本でよく見かける「出産準備リスト」はとっても便利ですが、あれ通りにすべて購入すると大変な金額になりますよね。

ちびこ
ちびこ

しかも双子は2倍!2倍!

これから育児グッズをそろえるご家庭に、少しでも参考になれば幸いです。

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました