妊活を頑張ったら双子を妊娠!?高齢出産の私が妊娠するためにやった8つのこと

双子妊婦の生活
Pocket

私が結婚したのは36歳の頃でした。

当時は子供について真剣には考えていませんでした。

ですが仕事が超絶激務になってきて、毎日仕事に忙殺され、ふと我に帰りました。

ちびこ
ちびこ

「このままではマズイ・・・、女性ホルモンがどんどん減って行く・・・子供ができなくなるかも」

と突然焦り始め、妊活に関する情報を集めるようになりました。

それから約3カ月、妊娠していることがわかりました。

妊活を始めて3カ月で授かれるなんて、とても幸運なほうだと思います。

でも当時は必死で、妊娠に良いとされることを色々と試していました。

この記事では、高齢出産の私が妊活中にやったことを書いていきます。

ウォーキング

仕事が激務だったのでなかなか運動ができなかったのですが、朝の通勤で2駅手前で降りて、ほぼ毎日30分ほど歩いていました。

ちょうど秋になったころで、朝の空気が気持ちが良くて気分転換にもなり、結果心身のリラックスにも繋がったと思っています。   

朝食は全粒粉の食パンにピーナッツバター

白いパン・白い砂糖・白い米、、、とにかく白い粉系は良くないそうで。

それがわかった瞬間から、朝の食パンを全粒粉のものに変えました。

そしてトランス脂肪酸のマーガリンもよくないという事で、ピーナッツバターに変えました。

夕食の白い米も玄米に変えました。

食生活について、私が読んで参考にしていた本はこちらです。

当時はとにかくこの本に書かれた事を忠実に片っ端から実行していました。

ちびこ
ちびこ

今思えばよくやってたなと思います。。  

 足とおなかを冷やさない

ちびこ
ちびこ

冷えは大敵ですよね。

・靴下を3枚重ねばき

今思えばやりすぎだったかもしれません。。。

・昼間も就寝時も常に腹巻

・会社でデスクにいる時は常に膝掛けをする

途中、電気毛布まで持ち込んでヌクヌクにしていました。

果物(特に柑橘系)を食べる

普段全くと言っていいほど、勧められない限りは果物を食べなかったのですが、柑橘系の果物が良いということで、みかんをよく食べました。

ちょっとお値段がお高いのですが、「紅まどんな」っていうみかんが最高に美味しくて、そればかり食べていました。   

鍼灸に通う

週一回、子宝鍼灸に通っていました。

おかげでお金が飛んで行きましたが、かなりのリラクゼーション効果がありました。

ちびこ
ちびこ

鍼灸院の先生は当時激務だった私の心の拠り所的な存在になっていました。

 漢方薬

ちびこ
ちびこ

これもお金が飛んでいきました〜。

漢方薬局で処方してもらって、1ヶ月分で3〜4万円かかりました。

漢方は長く続けて徐々に体質改善していくものなので、時間のない私達には合わず、結局1ヶ月でギブアップしてしまいました。  

毎日お風呂の湯舟に浸かる

上記の冷やさないの部類にも入るのかもしれませんが、これも欠かさずやっていました。

血行が良くなっていた気がします。  

ストレスをためない

仕事をしていて、ましてや激務ならとっても難しいことですね。

ちびこ
ちびこ

メンタルを良好に保つことって一番難しいかもしれません。

でも、なるべく考えすぎない。

退社後は気持ちを切り替える。

などしてストレスをためないように心がけていました。

就寝前はこのアロマでリラックスしていました。

ちびこ
ちびこ

この香り大好きです!  

頑張りすぎて双子を妊娠!?

こんな感じで、良いと言われるものは片っ端からやりました。

特に食生活は本当に気をつけました。

こうして振り返るとよくやったなと思いますが、おかげでこうして授かれて、やった甲斐があったというものです。 

頑張りすぎて双子になったのかな?と思ったりもしましたが、そんなわけないですよね(笑)

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました