帝王切開出産レポ その2

双子の出産
Pocket

出産レポの続きです。

一人目のお姉ちゃんがついにお目見えしました。

お目見えといっても私の上半身と下半身の間には布があるので、何も見えないのですが、するとしばらくして
「オギャーオギャー!」の元気な声が。

小児科医の先生が連れていって処置をしているようでした。

そして、その1分後に妹ちゃんも誕生しました。

鳴き声は妹ちゃんの方が大きく元気でしたが、身体は少し小さかったです。

二人の処置が終わり次第、私の横に連れて来てくれてご対面でした。

処置の風景が私から見えるところにあったので、手術の事は気にせずにずっと赤ちゃんを見ていました。

そして赤ちゃんは一旦小児科へと運ばれていきました。

そして手術が終了。

その後私は経過監察室みたいな部屋でしばらく経過を見て、その後病室に戻りました。

病室に戻る辺りから、ジワジワと麻酔が切れてきて、子宮収縮の痛みが襲ってきました。

そう。ここからが本当の戦いになるのです・・・

以上、帝王切開のレポはこれで終わりです。

終わってみての感想は、手術自体はほとんど痛くなかったです。

注射が平気な人であれば大丈夫かなと思いました。

ただそれは終わったから言える事で、最初に入った時のオペ室のあの独特な雰囲気にやられますね。

あの感じに怖いと思ってしまう。

その恐怖を減らしてくれるのは、いかに話しかけてくれて安心させてくれる助産師さんなどが近くにいるかで、かなり違うのかなぁと思いました。

そして私自身もめっちゃ無駄に喋ってたwww

術後の子宮収縮や傷の痛み、それに付随する様々な症状です。

私にとってはこれらの方が今試練を感じています。

あれだけ膨らんでいたお腹が元に戻ろうとしていて、なおかつお腹を切ったわけですから、そりゃ痛くないわけないですよね。

でもこれは日に日に良くなっていくものなので、しばらくは耐えますよ。

それに赤ちゃん達に会うと、ホント辛い気持ちが吹っ飛びますからね。

また長くなってしまいましたが、レポを終了します。

〜今日のお昼ご飯〜

{DBA4E9AD-93B2-4277-9129-0B8B6AFA441E}

〜今日の夕飯〜

{E06268DA-66FC-4B60-8664-50441A5E1943}
Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました