おうち遊び|2歳双子がハマる知育玩具5選

双子の知育
Pocket

新型コロナウィルスによる自粛モードが続く中、我が家の双子はいまのところ元気に保育園に通っています。

それでも、コロナに限らず感染症が流行って休園になるかもしれないという危機感は常にあります。

園の玄関にはアルコール消毒のボトルが置いてあるので、お迎えに行き玄関を出る前に手にシュッシュすることを習慣付けています。

休日の外出は近所をお散歩したり、公園に行ったりするのみで、買い物など人の多い場所に行くときは、夫に双子をみてもらって一人で行くという生活です。

他のご家庭もそうかもしれませんが、我が家の2歳双子は一日中お出かけすることはあまりなくなり、やはり家にいることが増え、

そうすることにより、今まであまり活躍していなかったおもちゃが、日の目を浴びることになりました(笑)

1、アンパンマン おしゃべりいっぱい言葉図鑑

野菜や果物、乗り物など様々な物の図鑑で、付属のペンでその図鑑をタッチすると、アンパンマンが名前を読み上げてくれます。

ちびこ
ちびこ

バイキンマンやドキンちゃんも登場するよ!

我が家の双子はアンパンマンが大好きなので、プレゼントした時には大喜びでした!

我が家の2歳双子は、自分で開いてペンのスイッチをオンして遊んでいますよ。

英語モードもあるので、3歳4歳・・・と長く活躍してくれそうです。

2、マグフォーマー

保育園でよく遊んでいるのを見ていて、家にも置いてあげたいなと思い、双子の2歳のお誕生日プレゼントとして購入しました。

ちびこ
ちびこ

マグフォーマーは大人気のおもちゃですよね!

四角形のピースで立体の「おうち」を作ったり、三角形のピースで平面の「ピザ」を作ったりと、子供の発想力に驚かされます。

3、キュボロ スタンダード

将棋の藤井聡太君が幼少期に遊んでいたということで、一時期注文が殺到したキュボロ。

我が家も例にもれず、ブーム真っただ中に注文しました。

届くまでになんと2年5か月かかりました!

ちびこ
ちびこ

恐るべし!藤井君ブーム!

木のブロックにビー玉が通る溝や穴が色々な形で開いていて、それらを組み合わせて、ビー玉が通るようにしていきます。

2歳の双子はまだ組み立てはできませんが、親が組み立ててあげると、とてもうれしそうにビー玉を転がして遊んでいます。

4、はじめてのつみきRING10

こちらは双子が1歳半ぐらいの時からのロングヒットです。

最初は積み木として、リングパーツを積んでいく遊び。

その後はリングを棒に通す、さらに同じ色のところに通すことができるようになり、または付属の紐にリングパーツを通す紐通しの遊びもできます。

特にリングを同じ色で合わせて棒の通す遊びが大好きみたいで、暇さえあれば棚から降ろして遊んでいます。

ちびこ
ちびこ

指先の運動にも良いと思います。

5、くもんの磁石かんじ盤

同じ絵のマスの中に磁石のピースを置いていくもので、磁石のピースの裏側はその絵の漢字が書かれています。

我が家の2歳双子は、まだ絵でしか遊んでいませんが、もう少ししたら、裏側の漢字も見るようにしていきたいです。

ピースは付属の巾着に入れて保管できます。

持ち運びにもかさばらないので、帰省の時に実家に持っていって、じいじに遊んでもらったりします。

ちびこ
ちびこ

ピースも磁石なので、一個無くなった!ということが、今のところないです。

知育玩具でおうち遊びを充実しよう

2歳双子がハマる知育玩具、いかがでしたでしょうか?

我が家の双子は平日は保育園に通っているので、なかなか平日に知育玩具でじっくり遊ぶことはできないのですが、休日のお天気の悪い日や、今のようにウィルスが蔓延する時期などに、知育玩具はもってこいのアイテムです。

知育玩具は何を買えばいいのかをご検討中の方のご参考になれば幸いです。

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました